房総で食いまくり〜(^_^;)

朝ご飯&千葉観光案内



5月5日、朝風呂を済ませ、朝食である。

食べる前に撮った! イセエビのお味噌汁よーん。
夕べのお刺身の再利用かしら(^◇^;)?
アジの干物、イカの味噌焼き(^-^*)、
アジのお刺身、塩辛、佃煮、卵焼きetc
盛り付け方もキレイだし、新鮮でおいしい。


お腹一杯、大満足である。チェックアウトして、『仁衛門島』へ向かった。ここは、南房総国定公園であり、千葉県指定の”名勝”で、新日本百景の地でもある。駅で言うと外房線『太海(ふとみ)』という駅から徒歩10数分、あるいは『安房鴨川駅』からバスに乗って、船着場へ行ける。



車をその辺の空き地みたいなところに止め(^^;)、船着場へと歩いていたところ、父親が「船で行くのか?」と、とんでもない大ボケをかましてくれた。と・・とーちゃん・・「島」だぜ。陸続きじゃないよ(ToT)・・・・。

船と、島への入場料込みで大人1050円のチケットを買う。二丁櫓の手こぎの船で5分(っていうか2分で行けるな。浮き輪があれば泳いで行けるかも^^;)、大体、水深は5メートルくらいだと言っていたが、透明度がものすごく高くてキレイな海である。茨城から来たというオバチャンが「キレイだわー」と感激していた(キミのところにも海はあろうが^^;)。

島に上陸し、順路に沿って島内を回る。ところどころに、有名な歌人の歌碑がある。皇室の方々もお見えになっているようだ。(まぁそういう場所はたくさんあるけどね^^;)

ここは、源頼朝や日蓮上人の伝説も残っており、先祖代々”平野仁衛門さん”という所有者、一戸のみが住んでいる島である。古い住居も見学できるのだが、係員がヒマそうにしていた(^^;)。また、食堂や土産物やもあるのだが、食堂は定食が1800円とかしていてとてもお高い(@@)のでお弁当持参の方がいいかも(やべっ。営業妨害か?!)。昔懐かしい「貝のハンカチ」など、ひなびたお土産も売っていたりするのがステキ(^^*)・・・。

これは入場券
こんな感じの島です。
小さい島よ。

島から遠くの景色を眺める。
なかなか気持ちがいい。
島には『頼朝かくれ穴』なんてのも。
島にて
島にて
磯遊びに最適。
遊びに来ていた子供は喜んでいた。
場所により、バーベキューも可。
小さい子供がいるなら一日遊べる。
それで大人1050円なら安いかも。




仁衛門島を出て、次は『太海フラワーセンター』へ行った。ここは、まぁ全国によくあるお花の展示、販売をしているところ。ここで母親がミニバラを購入。

次は、『千葉県酪農のさと』という所へ行ってみた。元々は『嶺岡乳牛試験場』という場所であり、その隣に観光用の施設をついでに作っちゃったような感じ(^_^;)である。

千葉の酪農の歴史は大変古いらしく、日本酪農発祥の地であり、徳川吉宗が牛乳を使って乳製品を作ったことが日本の酪農の始まりとされていて、それがこの地なのだそうだ。・・・・・という場所はきっと全国にたくさんあるであろう(だーっはっは^◇^;)!!!

これは地図
千葉のこのあたりにあるのよん。
まぁ辺鄙なところよ。山の中。
牧場だから当たり前か(^^;)。
入場料は無料なので、休日に
「どっか連れてけ〜!」とせがまれて
親が子供を連れてくるのにいいかも。
実際、そんな家族連れが多かった。

享保13年(1728年)に、
インド産といわれる”白牛”を輸入。
この白牛から乳製品を作っていたそうな。
パンフレットの牛さんはキレイだこと(爆)。
こんなにキレイじゃない
かわいい
ちょうどヤギがベビーラッシュ。
お腹の大きいヤギもたくさんいた。
シャッターチャンスを逃したけど
生まれたばっかりのヤギもたくさんいて
とっっってもかわいかった。


白牛は、実際に見ると、「がっはっは!きったね〜(^◇^@)」と思わず言ってしまうような汚さであった。んでもって、だるそーに寝そべっていた。普通の牛もいたけど、なんかみんなだるそうだった。ヤギは大人気で、子供が赤ちゃんヤギのそばを離れなくて、ずーーーーーっとナデナデしている光景があちこちで見られた。ハイジの「ユキちゃん」みたい。ぬいぐるみみたいでほんっとにかわいいのっ(^o^)!このまま大きくならなければねぇ(爆)。

酪農資料館もあり、酪農器具の変遷を追っていたりして酪農の歴史が分かるようになっているけど、ここはあんまり面白くない(^^;)。乳牛試験場は、前もって連絡しておけば見学できるらしい。

他には、牧場だけあって、新鮮な牛乳(お腹弱いし牛乳嫌いなので飲まなかった^o^;)、ソフトクリーム(なぜかこれは平気なので食べた^◇^;)や、串焼きのお肉、簡単な食堂(セルフだし、決して決して期待してはいけない)、特産品の売店や福祉施設のお店(ワッフルを買った)などがあり、”休日の暇つぶしにもってこい”である。ただ、ゴールデンウィーク中だからこんなに活気があったんだと思う。普段行ったら果たしてどんな感じか・・・想像するだに、泣けてくるのはナゼだろう(^◇^;)?

ちなみに、開園時間は9:30〜16:30。月曜日、年末年始はお休み。場所は、車だと国道128号線から国道410号線に乗っていくと行けるそうである。(方向オンチのもももには分からんけど^^;)

お近くまで来た暁には、寄ってみてくださいませ(^-^)/~~

こんな感じで、1泊2日の家族旅行が終わった。房総って、イマイチ垢抜けないんだけど、そこがいいような気がする。ムリに都会のリゾート施設を真似することなんかない。交通がもう少しよくなれば(それが一番の大問題!)もう少し活気が出るであろう。おいしいお魚、豊かな自然は、いつまでも変わらないであって欲しいなぁ。などと思いながら帰途についたもももであった。

おしまい(^-^)/~~

房総の一覧に戻るよ〜ん

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス