カナダ旅行記


行く時のすったもんだ



いよいよ出発当日である。朝イチで病院だ〜。9:30からだが、9:00前に開いているだろうと思ってテクテクと歩いていくと、ガ〜ンッ!閉まってる!セブンイレブンでちょっと時間をつぶして戻ってみると、2番目であった。ガキに先を越された(T-T)・・。「今日から旅行なんれすけろぉ・・フガフガ」と言ったら、薬を7日分くれた。これで旅行中は大丈夫ね(^-^)。次はジャスコだ!(まだあるんかい?!)

実は、下着が足らない。んでもってカメラのフィルムを買い忘れていたのだ。ドアの前で開店を待ってしまったよ(^_^;)。深々と頭を垂れる警備員の間をすり抜け、2Fの下着売り場と4Fの写真やさんを巡り、急いで帰宅。スーツケースを開けて買ってきたものを放り込んだ。スカスカである。

15:40に集合なので(夕刻発でよかったよ)、14:00前後の電車で行けば40分以上前に成田空港に着ける。千葉から"エアポート成田"という快速に乗りこんだ。千葉に住んでて何がいいかって、成田空港に普通運賃でパパッと行けることなのよね。結婚して他県に引っ越した友達が言ってたよ。



すごーく早く空港に着いて、同じくらいの時間に到着予定だと言っていたT嬢を待つことにした。全日空のカウンターなので、荷物の検査をするところ(カウンターへの入り口)で、スーツケースの上にちょこんと座って、辺りを見渡した。T嬢がいない。・・・15:20頃、とりあえず一人でチェックインしてしまおうと思い、そばにいた係員に書類を見せたところ、もももが待っていたのはツアー用の入り口ではなかったのだ。本来並ぶべき列は隣で、それがものすごい長さなのよ!仕方なく一番後ろに並んだんだけど、割り込みするクソババアがいて(蹴っ飛ばしてやろうかと思ったぜい)ヒジョーに不機嫌になってしまった。カウンターを見たが、T嬢はまだいない。

やっと荷物検査を通り、LOOK WORLDのカウンターへ行ったところ「お友達はまだお見えじゃないんですよね?もももさまに先にご説明しておきましょうか?」と聞かれた。どうやら、我々2人のためにこのカウンターはあるらしい(^_^;)。だって他のツアー名書いてないもんね。1人で先にチェックインし、乗り継ぎの説明もしてもらった。

薬屋さんでも覗こうかと思い、出口から出ようとしたところで、T嬢を見つけた。彼女はもももよりも早く到着し、まだ時間があるからいいやと思い、軽いお昼を食べていたそうだ。それで、もももと同じ間違い(入り口を間違えた)をし、長い列に並びなおしたという。集合時刻はとっくに過ぎていた(^_^;)。



夕刻便なのでちょっと腹ごしらえをし、やっとのことでゲートに着いた。高校の修学旅行生がわんさといた。げげっ!制服の団体だ!これがバンクーバーまで行くのか?引率の先生にとっては便利かもしれんが、かなり恥ずかしいと思うなぁ。修学旅行も変わったねぇ。もももは公立だったので奈良京都だったよ。この団体は私立なんだろうけど、時代の移り変わりを感じるよ・・・・



乗る飛行機は、17:40発のCP004便(カナディアン)とAC???便(エアカナダ)の共同運航便。初めて乗るエアラインである。わくわく(^-^)。席に着き、シートポケットの雑誌を取り出した。T嬢の雑誌、ビリビリであった(^_^;)。「なんじゃこりゃ?!読めないよ・・・」とショックを受けるT嬢。よく見ますれば、スッチーが、もももの中の"カナダ人"のイメージ通りの赤毛の女性なのはいいが、オバチャンばっかで、サービスもあまり細かくない。でもって機内食がマズかったのねん・・(T-T)・・。サーモンとビーフがあって、ビーフにしたんだけど、乾いていてスジっぽくて、"すき焼き風"というキャッチフレーズはやめろー!と言いたくなった。T嬢も「もしかして、ここ安い?」と言い出し、私たちの(数少ないデータの)エアラインランキング中、カナディアンはポイント低〜くなってしまったのであった。(カナディアン好きな人いたらごめんね)

あと、気流があまりよくなく、鼻がフガフガしていたせいか、もももはずっと車酔い状態だった。頭を動かすとクラクラして気持ち悪くなってしまうので、後ろの枕にずっと頭をつけていた。耳もやられた。旅行中ずっとヘンだったような気がする。やっぱり体調悪いときに飛行機乗っちゃダメだね。

カナダの一覧に戻るよ〜ん次に行くよ〜ん

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス