道後温泉で夏休み

おまけ・恐怖の一夜が明けて



お腹がいっぱいになり、お風呂も入り、旅館の人がお布団を敷いてくれたので、寝ることに。



・・・それは、夜中に突然起こった。

掛け布団が・・浮いた・・・(T0T)・・・・

とっさに、「ムーッ!」と声を上げ、夫がいたずらしたと思い、パンチでもしてやろうかと、腕を伸ばすと・・・・

手が届かない。夫は隣の布団の端っこでガーガー寝ているのだ。

それじゃ、私の掛け布団を浮かせたのは・・・だれ??????・・・・(T0T)・・・・・ひょぉぉぉぉぉ・・・・・

んも〜大変!全身から冷や汗が吹き出すような感覚に襲われ、かたく目を閉じて布団をかぶって必死に恐怖と闘っていたももも。

うそぉ、ここ出るの?ネットには何も出てなかったのに。いい歳して初の心霊体験?やばいよやばいよ(>_<)・・・・





まんじりともせず・・・とまでは言わないが、ろくに眠れずに朝を迎えた。

夫が言った。

「そういえばさぁ。夕べ、間違えてそっちの掛け布団ひっぱっちゃったんだよねぇぇぇぇ(^◇^)」

えぇぇぇぇぇぇぇっ?!(@◇@)・・・・・あのとき掛け布団が浮いたのは・・・・

なんでも、暑かったので掛け布団を蹴飛ばして寝ていたのが、やっぱり掛け布団が欲しくなり、ひっぱったら自分のではなかったのだ、と。

もももがいかに恐怖と闘ったかを熱弁すると、夫はゲラゲラと大笑いしていた。

こここ、このやろー!o(`◇´)○

私の夜を返せ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(T◇T)!!!


道後温泉の一覧に戻るよ〜ん 次に行くよ〜ん

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス