一生忘れぬ珍道中(^_^;)

出発当日・・・いきなりコレかよ!



出発の数日前から、さすがにニヤけることが多くなった。T嬢からも携帯にしょっちゅう「服はなにを持っていく?」「靴は?」「お金はいくらにする?」と嵐のようにメールが届いていた。出発前日、職場の人たちに「明日からお休みします。ご迷惑おかけします。」と頭を下げまくり、(それでも)満面の笑みで休みに突入したのであった。ちなみに、足は完治していない(^◇^;)←ばきっ!

荷造りオッケー!さぁ寝るぞー!と勇んで布団に入るのだが、興奮して眠れない。あぁぁぁぁぁワクワクワクワクワク(^-^)・・・



当日、朝8:00頃に成田空港に到着。我々が乗るのは、10:40発スイスエアーLX169便である。T嬢と待ち合わせ、HISのカウンターに並んだ。成田は出発客でごった返していた。「代表者の方、まとめてお願いします」と係員が言ったので、もももはT嬢にパスポートを渡した。「おねが〜い♪」

ここで、もももは一瞬「あれ?」と思った。T嬢のパスポート、色が違うのである。ももものは赤い10年パスポート、T嬢のは紺色なのであった。「T嬢は5年パスポートだったっけ?」・・・これが序章であった。

カウンターのお姉さんが、T嬢に向かってなにか言っている。「新しいパスポートはございませんか?」・・・・へっ?(@_@)・・・T嬢、なにやらモゾモゾと挙動不審になっている。そして、いきなり「ごめん。1人で行って。」と言い残し、その場から立ち去ってしまったのだ!ドーン!(T0T)

そう、ヤツは間違って『期限切れのパスポート』なんぞ持ってきやがったのであった!!!その時は、現象としては分かっていても頭が状況を把握できていなかった。「えっ?えっ?えっ?えっ?ちょっ・・なになになに〜〜〜〜〜〜〜〜(T◇T)??????」・・・その場に呆然と立ち尽くすももも。

カウンターのお姉さんを見つめ、思わず出た言葉は・・・「わ・・・私はどうすればいいんですか・・・」。あぁ間抜け(T-T)。お姉さんに聞いてどーするよ?!お姉さんも困り果てた様子で「あの・・お1人でも参加されますか?」と聞いてくる。仕方がないじゃないの。行くわよ。お姉さんは、航空券の引換券をくれて、スイスエアーのカウンターに並ぶようにと教えてくれた。



HISのカウンターから外へ出ると、T嬢が待っていた。「ごめん。私、パスポート間違えたよ。ここにいてもしょうがないから、とりあえず家に帰ってHISに連絡する。飛行機取れれば追いかけるから。ハイ、これ。書類一式。ホテルとか列車の。」

あぁ、一人旅かい?!そりゃーワタシ、オランダに1人で行きました。ロンドンだって、行き帰りは1人でした。ただ、あれは最初から1人のつもりで計画していたからできたのよ!今回は、出発間際にいきなり1人で放り出されたのだ。しかも、これから行く地域は英語圏じゃないのだ。列車のチケットだって、今初めて見たのだ。乗る駅も”読めない”じゃないか?!どーしましょ(T-T)・・・

「後日、合流できることを祈ってるよ・・」と言ってT嬢に別れを告げ、スイスエアーのカウンターに並んだ。係員が「お連れの方は・・?」と聞くので「あの、ちょっと、今日は行けないそうで・・・」と、しどろもどろになって答えたところ、「キャンセルですね」と、とっても事務的に対応され、ますます寂しくなるのであった。

その後、キャッシュコーナーでお金を下ろし、母親にメールで事の次第を報告し(1人で頑張ってね(涙)という返事が来た)、大行列に並んでユーロとスイスフランに両替した。

その後の出国手続きは、テロの警戒からか、非常に時間がかかり、飛行機に乗る前にすっかり疲れ果ててしまった。

プラハ・ウィーンの一覧に戻るよ〜ん 次に行くよ〜ん

女の子お絵かき掲示板ナスカウィルダイレクトiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス無料の同人誌アップローダ