一生忘れぬ珍道中(^_^;)

プラハからウィーンへ Part1



前日にフロントで、「この駅にはどうやって行ったらいかっぺ?」と聞いてみたところ、メトロで行けることが判明。ちょっと早めに出て行くことにし、モーニングコールは6:00に頼んでおいた。前夜に必死で荷造りをしたので、そんなに大変ではなかった。朝食をとり、9:00前にチェックアウト。メトロまでスーツケースをガラガラと引きずって歩いていった。後先考えずにグラスなんか買うから、スーツケースに加えて巨大な手荷物が加わり、石畳の坂道やらデコボコ道やらを、死にそうになりながら駅にたどり着いた。

とりあえず、いつものように8Kcの切符を買い、フロレンツ(Florenc)というところまで行き、そこで乗り換えのためにエスカレータを上がっていったところ、警備員に呼び止められた。

「ねぇちゃんたち、切符ば見してみ。」と言うので、見せたところ、キラーン☆と目が光った。「この切符は4駅しか乗れねぇだよ!」と、上の出口に連行されてしまった。T嬢とともに、「なになに〜?」と不安になるのであった。

そこで路線図を見せられ、「いーち、にーい、さーん、しーい・・ねぇ?わぁった?この切符じゃここまでは来られないのっ!!!!」と説教され、「はぁ・・さようでございますか・・」と頷いたところ、その警備員、「罰金払え!400Kcねっ!!!!」と命令してきやがる。げげっ(@@)!そ・・・そんなに・・?????

そういえば、この駅にはやけに警備員が多い。もうウヨウヨしている。旅行者のような人をくまなく捕まえ、尋問しているではないかっ?!そーか、ここで一網打尽にしようっていうわけね・・・。アンタたちゃーいい商売してますがな(-_-;)。

といっても、よく調べもしなかったこちらが一方的に悪いことには違いない。素直に罰金を払い、新たに切符を買いなおした。警備員は親切にも(?)ホームまで案内してくれた。そして、「この電車ね、おぉっと、違ったわい。こっちね。」と言って去っていった。間違えるなっつの(`-´)!時間に余裕を持って出てきてよかった!お金余ってて本当によかった!どうなることかと思ったわい。

ガイドブックを今更のようによーく読み返してみると、ちゃーんと罰金のことが書いてあった。8Kcの切符は、乗車駅を含まず4駅、しかも30分以内しか有効でないこと。8Kcの切符で不安なら12Kcの切符を買っておいたほうがよい、と。あちゃ〜(>_<)・・・。しかし、罰金は200Kcと書いてあったが、実際は400Kcだった。どこでもそうだったが、あまりガイドブックの金額は当てにならないようだ。皆さんも、くれぐれもご注意くださいませ。



乗り換えたのはC号線。ナードラジー・ホレショヴィツェ(Nadrazi Holesovice)という駅で降り、表示に従って上に上がったところ、すぐに見つかった。

駅
こんな感じで見えてくる。
方向音痴のもももにもすぐ分かる。
この駅は、主に東〜北ヨーロッパ各地の
列車が発着するのだそうだ。

構内はこんなふう。
お金を減らしたいのだが、水とジュースを
買っただけであった。
イギリスの主要ターミナル駅みたいに
大規模ではない。売店も少ない。
ホームの案内表示は結構分かりやすい。
駅
ホーム
もうやることがないので、まだ早いが ホームに出てみた。
階段は2箇所くらいあり、スロープもある。
車両により、どちらの階段が便利か分かる
ように表示が出ている。
10:29発のウィーン行きに乗る。
列車で移動するのは旅行者くらいなのか。
やたら日本人旅行者が多かった(^_^;)。


最後に、とんだ出費をしてしまったが、お金はたくさん余ってしまった。この次ここへ来るとしたら、通貨はユーロになってるんだろうな。

プラハ・ウィーンの一覧に戻るよ〜ん 次に行くよ〜ん

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス