一生忘れぬ珍道中(^_^;)

ウィーン3日目 Part2



次は、宮殿の内部を見学するのだ(^-^)。全部で約1400室もあるそうだ。”インペリアルツアー”というのは20室、”グランドツアー”というのは40室の見学ができる。せっかくだからグランドツアーにしてみる。各国語のオーディオガイドを貸してくれる(もちろん有料)ので、それをお供に説明を聞きながら見学できる。ちょっと怪しいイントネーションの日本語ガイドであった(^◇^;)。

撮影禁止なので、写真がないのはご容赦いただきたい。規則はちゃんと守る人間なもので(^o^)。

部屋の一つ一つは、想像していたよりもだいぶ狭い(あ、私の部屋よりは何倍も広いです^o^;)。ほんのつなぎの部屋もあったが、問題は広さではない。注目すべきはその内装!”うるしの間”だの”中国風の間”だの”鏡の間”だの”百万の間”だの、本当に豪華で細部まで繊細で、一晩でいいから泊まってみた〜い!さぞ権力があったのだろう。”鏡の間”では、幼少時代のモーツァルトが御前演奏をしたのだそうだ。マリー・アントワネットもここで育ったのね〜。そりゃ庶民の生活を知らないわけだよ(-_-)。

オーディオのおかげで、一つ一つの展示品やら絵画やらをじっくり見ることができた。ただ、ところどころ改装中(修復中?)で、オーディオさんが「○○の絵をご覧ください」と言ってくれても、肝心のその絵がはずされている、ということが何度かあった。ま、こういう古いものは定期的に保守点検しないといけないからね(^_^;)。宮殿の外壁も大々的に工事中だったし、ま、シーズンオフだからしょうがないわな。

ちなみに、ここでも”シシィ”を前面に押し出している。私としては、この宮殿においては、マリア・テレジア(”ヨーロッパの義母”)をメインに、シシィはサブにするほうが、ヨーロッパの歴史がよく感じられるのではないかなぁぁぁぁ(^-^;)と・・・まぁ、いらぬお節介だよねぇ。。ちなみに、マリー・アントワネットはほとんど重要視されてなかったみたい。

ヨーロッパの宮殿やお城を見学するたびに思うことがある。「江戸城がまるまる残っていたらね〜〜〜〜〜〜〜〜〜(T0T)」・・ものすごい観光資源になってたと思うんだけど。一部は公開されているけど、天守閣が残っていたらさぞ立派だっただろうな。惜しいことをしました(-_-)。



庭
ちょっとしたところにも
庭がある。
こじんまりしてグー(^-^)


さて、カフェ・レストランでお食事である。”シシィ・サンドウィッチ”というのがあるようだが、ランチメニューをじっくり見てみると、”シュニッツェル”がある。これは、ウィーン料理で、要はカツレツである。せっかくなので地元の料理を食べてみることにする。飲み物は”シシィ・カフェ”。なんでもかんでも”シシィ”をつけりゃいいってもんじゃないが。T嬢は豚肉のポテトフライ添えのようなのを頼んだ。隣のテーブルには赤ちゃん連れのご夫婦。白人の赤ちゃんは彫りが深くて、顔立ちがハッキリしている。この子は赤ちゃんらしくてかわいかった(^-^@)。通りすがりの人みんなニコニコして見ていた。

ほどなくて、T嬢の料理が来た。あまりのポテトの量に、「おっ!山盛りポテト!すげー!」と思って、プッとふき出しそうになったのだが、次の瞬間、「へい!キミのシュニッツェル!お待ちぃ!」と、威勢のいい声がして、目の前に巨大な肉が置かれた。

「うぉっ!!!でかっ!!!!(ノ゚0゚)ノ 」。。。近くのテーブルの人たちに笑われてしまった(T0T)。特大皿に、顔よりデカイ(牛だけど)トンカツがババババーン!!と乗っている感じ。サラダとポテト(バター味でパセリをまぶしてある)が添えてある。・・・・マジですか??・・・ボー然としてしまった。

いかんいかん!ボー然としているヒマはない!ひたすら食べるのだ!「2人してシュニッツェル頼まなくてよかったね。食べ切れなかったら手伝ってね」とT嬢に言ってみたが、T嬢も自分のを食べるのに必死である。無言でひたすら食べる!!!!

ライムを搾ってかける。柔らかいから切りやすい。パクッと口に入れる。・・・なかなかおいしいではないか(^o^)。順調に片付けていったのだが・・・同じものばかりそうそう食べられるものではない。食べても食べても(牛だけど)トンカツである。白菜を一枚一枚剥いても延々と白菜なのと同様である。途中でため息をついてしまった。休憩をはさみ、なんとか95%食べた。衣はちょっと残してしまった。ポテトも全部食べ切れなかった。もう肉は当分食べたくない。苦しかった(T-T)・・・・・。

そういえば、シュニッツェルは基本的には牛だが、豚や鶏もあるそうで・・・もしかして豚さんだったか?・・・醤油が似合う味だったぞ・・・。



すっかり重くなったお腹をひきずるようにして、駅まで歩く。本当に寒い。電車に乗り、カールスプラッツ駅(Karlsplatz)へ戻ってきた。オペラ座のすぐそばに出る出口のところに、BGMつきの芸術的なトイレがある。面白そうだったが、もよおしていなかったので行かなかった。ちょこちょこと町を見学し、スーパーへ行き、早めに帰ってきた。

買った
ポッキー買いました。
ミカドだって。
面白い(^-^)。


前日に買ったトマト、ビール(チェコで買ったもの)、パンを夕食にした。あまりお腹がすかなかったが、最後の晩餐という感じで。

本当に疲れた。明日は帰国である。早く寝よう。

プラハ・ウィーンの一覧に戻るよ〜ん 次に行くよ〜ん

女の子お絵かき掲示板ナスカウィルダイレクトiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス無料の同人誌アップローダ