一生忘れぬ珍道中(^_^;)

チューリッヒにて



思いっきり余談だが、”チューリッヒ(Zurich)”って、英語読みすると”ズーリック”という発音になるのね。情緒もへったくれもないわね(^◇^;)。なんでもかんでも英語読みするのはねぇ(-_-)・・・と思うのだが、日本人の通訳さんなど、それで結構困ることがあるらしい。日本人だけ言い方が違うからなのだそうだ。ちなみに、もももは中学生の頃、”ズーリッチ”ってどこだ?と随分悩んでいた。スーパーバカである(^-^;)。



チューリッヒに到着した。お隣さんは、乗り継ぎに時間があるのでいったん出国するという。もももは、空港で時間を潰すことにする。時間があるのでほとんど一番最後に飛行機から出て、皆さんの後をついていく。案内の通りにエスカレーターを降りていくと、ターミナルの連絡電車のホームであった。私の乗り継ぎ便はまだ表示が出ていない。係りのお兄さんにチケットを見せて聞いてみたら、PCを検索して、「キミの便は”E29”から出るよ」と教えてくれた。ターミナルE・・今降りてきたエスカレーターをまた上ったのであった(^◇^;)。

一応、ゲートの場所だけ確認しておこうと、ターミナルを端から端まで歩いたが、”E29”はない(^_^;)。どーゆーこったい?まぁいいや。なにせ4時間もあるのだから。上の階へ行ってみたところ、セルフのレストランがあり、その奥にインターネットができるコーナーがあるらしい。入ってみる。せっかくスイスフランを持っているのだからサンドイッチでも食べたいところだが、機内食をたっぷり食べたのでお腹がすいていない。ジュースだけ注文した。窓側の席でボ〜ッと飛び立つ飛行機を眺め、周辺の町の様子を見ていた。

チューリッヒ
チューリッヒの空港にて。
機体など写してみる。


そして、パソコンが並んでいるところへ行った。1フランを入れて開始。・・・たちまちもももは後悔する。キーボードが全然違うのだ(T-T)。URLを入力したいのだが、”:”(コロン)が打てないのよぉぉぉぉぉ(T0T)!!!キーにはちゃんと書いてあるのよ。で、いろいろなファンクションキーを押してみた。”Shift”を探したら、どこか分からないのぉぉぉぉぉ(T0T)!!!!!で、そうこうしているうちに”タイムアウト”よ。まったく・・・(-_-)。バカじゃないの?

気を取り直し、5フランを入れた。検索機能があったのでそれで”Yahoo”にたどり着いた。”Yahoo Japan”は文字は化け化け。とりあえずYahooメールにログインでき、カンと記憶を頼りに、適当にボタンを押したらメールの送信ができた。・・・で、”Shift”(あるいはそれに相当するキー)がどこにあるか分からないということは、大文字小文字の切り替えもできなかったということで(^◇^;)、チューリッヒからももものメールを受け取った友人は、さぞかし読みにくかったであろう。

ちなみにその友人は、我々の学生時代の友人であり、T嬢の件については、”旅行記のネタばれを防ぐ”目的で、あえて伏せておいた。だたし、主語は”i”にしておいたので、彼女は「あれ?T嬢は?」と思ったかもしれない。

旅行記のためなら友人をも欺く、この意識の高さ!これぞプロであ〜る(^◇^;)!

プラハ・ウィーンの一覧に戻るよ〜ん 次に行くよ〜ん

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス