一生忘れぬ珍道中(^_^;)

プラハ2日目 Part3



まずは写真から(^-^)v。

標識
道路に立っている標識。
建物の絵入りでなかなかきれい。
ただしチェコ語表示のみ。
ガイドブックと標識を交互に見比べて
いる観光客が多かった。
自分もそうで、大変だった。

上に彫刻が並んでいる。
これはカジノ?
”CASINO”と書いてある。
チェコ語?別の意味?
謎である。やたらとCASINOが
多いのだが・・・
下に見えるのはおなじみのマーク。
謎


しばらく歩くと、露店がたくさん並んでいる通りに出た。恐らく、”ハヴェル(Havelske)市場”だと思われる。(またいい加減な^o^;)

露店
下り坂になっていて
ずっと露店が並ぶ。
野菜、果物、お菓子、工芸品、
アクセサリー、偽ブランド(^_^;)など
なんでもある。

もももはこれを買った。
かわいいブタさん。
50kcだった。
作ったおじさんが
自分で売っているようだ。
ぶーちゃん




このあたりは、あまり雰囲気の良くない場所があった。

道の両側にもお店があるのだが、普通の店もあり、また、どう見ても怪しい店もあった。こんな店にブランド物は置いてないだろう、と誰もが思うような、薄暗い、小汚い店に、バーバリーチェックのバッグが山積みされていたり、店の前にぬぼ〜っと生気のない目で座っていたり、”絶対に関わりたくない人たち”がいた。どー見ても怪しいので、入っていく人はいないとは思うけど、おバカさんたちが「きゃ〜!偽ブランドよ(^◇^)!これでいいわ!」とか「現地の人との出会い〜(^◇^)」とか言って入っていかないか心配である。

また、いくら”観光客だらけ”とは言っても、スリは非常に多いそうだ。そして、目に付いたのが、酔っ払いというか、アル中っぽいような足取りもおぼつかない人、ホームレスのような感じの人たち。急速な発展から取り残された人々なのかもしれない。影の部分も見えてきてしまう。



そして、地図をいろんな方向に動かしながら方向を確かめ(とほほ)、”旧市街広場”にやってきた。

プラハ・ウィーンの一覧に戻るよ〜ん 次に行くよ〜ん

女の子お絵かき掲示板ナスカウィルダイレクトiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス無料の同人誌アップローダ