箱根で骨休め

さぁ出発よぉん♪



新宿から12:00発『はこね21号』ロマンスカーで出発。余談であるが、我が家では、弟がヨチヨチの頃に乗り物が大好きで「マンシュカー」と言っていたため、今でもロマンスカーはマンシュカーで通じる。母親に「あらぁ。マンシュカーで行くの?いいわね〜(^o^)」と言われたので、もももは「マンシュカーで行って来まぁす♪」と言って家を出た。(すげーバカ親子^.^;)

で、散々盛りあがって、ガイドブックを忘れたももも。予約ができた時点で「”るるぶ”はもう買ったから、他のガイドブックにしてね」とT嬢に通達したくせに、それを忘れてきた大バカ野郎である。以降、「なんのためにガイドブック買ったんだかねぇ〜」と事ある毎にツッコミまくられるのであった(T-T)。

早速、お弁当を広げる。

ももも T嬢
↑ →
左上がももも。
右上がT嬢。
右の和菓子はももも。
1人で2つも食うんかい?!
和菓子


どうでもいいけど(良くないけど)、ロマンスカーってこんなに揺れるっけ?子供の頃、ロマンスカーは振動が少ないっていうのが売りだったような気がするんだけど・・。揺れて食べにくいの。テーブルも小さくて1人分しかないし、飛行機旅ばかりしていると、こういうところでカルチャーショックを受けてしまうのねん。(飛行機も揺れるけどね)



さて、1人のおばあちゃんがヨタヨタとトイレに歩いていくのが目に入った。それっきり忘れていた。トイレは8号車と9号車の間にあり、もももたちは9号車にいた。

いろいろな人がトイレに行ったのだが、2つあるうちの1つのトイレを開けて、すぐにみんな出てきてしまうのが見えた。T嬢もトイレに立ち、「あのトイレずっと入ってるんだけど・・・はっ!まさかさっきのおばあちゃん?!」

そーなのだ。ヨタヨタとトイレに行ったあのおばあちゃん。帰ってきてない。1人の若い女性がそのトイレのドアを開け、車両に戻ってきて、ワタシたちの前に座っている団体さんに声をかけた。「トイレにおばあさんがいて、出られないみたいなんですけど・・」やはり・・・(-_-;)。トイレから立てなかったらしい。

オジチャンオバチャンたちが四苦八苦してそのおばあちゃんを立たせ、どうやらパンツも上げてあげ、数人がかりで席に連れて帰ってあげた。聞けば、10号車から来て、連れの人がいるという。あのさ〜・・連れの人、誰か知らないけどトイレくらい付き添ってあげなよ〜(-_-;)。あの女性が周りの人に声をかけなかったらどうなっていたか・・。ハラハラしちゃったよ。



そんなこんなで箱根湯元に着き、箱根登山鉄道に乗り換え。改札を出ると実にいろいろな交通機関の切符売り場や乗り場がある。「ねー。登山鉄道の切符ってどこで買うの?」「知らなーい」・・・「乗り場ってどこー?」「知らなーい」・・・・(^◇^;)←ばきばきばきばきっ!あ・・アンタたちゃー・・

結局、切符は改札を出てすぐのところに券売機があり、乗り場は、小田急を下りて向かい側(同じホーム・・ホームは1つしかないのだ)であった。「なーんだ」「すぐそばじゃん」ちょうど来た電車に乗りこんだ。

この日の天気は雨。山を登っていくうちに、周りは真っ白になっていき、せっかくのいい景色が全然見えないのだ。万里の長城を思い出して、ちょっと虚しくなった(T-T)。箱根湯本からスイッチバックしながら山を登って、塔の沢、大平台を経て、宮ノ下で下車した。ここから歩いて7分くらいでホテルである。雨がひどくて霧がかかっていて、山も全然見えない。早くホテルへ行こう!

箱根の一覧に戻るよ〜ん 次に行くよ〜ん

女の子お絵かき掲示板ナスカウィルダイレクトiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス無料の同人誌アップローダ