冬の香港で骨休め〜・・

2日目・ペニンシュラホテルへ行くべさ



あんだかいよぉ〜、寝坊したださぁ(^◇^;)!・・・と、千葉弁でしっつれ〜い!

どうしても起きられなかったのねん。仕方がないからマカオは翌日に回し、ペニンシュラホテルに行く事にした。コーヒーを飲み、パシフィック・プレイスの中を通り、地下鉄(金鐘Admiralty)へと向かった。

灣仔(WangChai)駅まで1駅(4ドル)乗り、スターフェリー乗り場からフェリー(2.2ドル)で数分、九龍に着いた。当たり前だが94年に来た時とはだいぶ変わっていた。フェリーから降りると、湾沿いには綺麗に整備された遊歩道のような公園のような場所が続いている。セブンイレブンもない。お土産を買ったデパートのようなお店もない。T嬢を案内するつもりが、全然役立たずのももも(T-T)。でもまぁ誰にでもペニンシュラはすぐ分かる。

フェリー
ここでフェリーを降りた。
早いし安いし(牛丼かい^o^;?!)
地下鉄で来るよりもいい。

フェリーから降りるとすぐに
ペニンシュラへ行けるのだ。
この建物はシンボルみたいなもの。
来たわよ〜




ペニンシュラの横っちょの入り口から入ってみる。ここにもショッピングモールがあり、お目当てのお店があるのだが、とりあえずブランチなるものを体験するべく、ロビーに行った。とてもハイソな雰囲気である。ワタシたちのような日本人(っていうか東洋人)の観光客ももちろんたくさんいるが、欧米人ビジネスマンが優雅にお茶など飲んでいる。

はぁ〜
これがロビー。
日本人だけではなく、韓国や中国の人もたくさん。
ツリーの前でみんな記念撮影していた。
この辺りをウロウロしていたら、
ウェイターに声をかけられ
宿泊客ではない人用の席(くっそ〜!)に
案内された。


ウェイターは流暢な日本語でメニューの説明をしてくれた。アメリカンタイプのものはものすごい量みたいなので、コンチネンタルブレックファストを頼んだ。もももはデニッシュ+フルーツ(選べるからメロンにしたの〜^o^*)。T嬢はトースト+ジュース。それにコーヒーか紅茶がついてくる。お値段はお一人様160ドル。

ほどなくして来たものは、銀のバスケットにパンが5つ(@@)・・・。しかも1つ1つが大きいのだ。「これ・・2人分(^-^;)??」「トーストないよね(^-^;)」「じゃ1人分?(^-^;)」などと言っているうちに、メロンも来た。どうも1人分っぽいので、先にもももが食べ始めた。でも、すんごいボリュームなのだ。デニッシュって甘いし、バターなども使ってあるし、結構お腹に貯まるのだ。T嬢のジュースは来たが、トーストがいつまでたっても来ないので、「もしかしたらやっぱり2人分かも・・」と思い、T嬢の分を残しておく。でもやっぱりおかしい・・・。

たまたま通りかかったウェイターに、T嬢が「おら、トースト頼んだんだけんがまだだっぺか?」と聞いてみたところ(一応は英語でしゃべっている。断っておくがT嬢は横浜の出身であり、千葉弁はしゃべらない^◇^;)、ウェイターは「2分ほどお待ち下さい」と言って奥へと引っ込んでいった。”2分”っつーのはなんじゃ?結局忘れたんじゃねぇのか?(あら、お下品だわ^^;)

トーストが来た。やはり忘れられていたようだ。薄〜〜〜〜〜いパンが2枚だけである。おいしそうなジャムやバターがあるが、デニッシュとはエライ違いである。そうなると、この”デニッシュ5つ”というのも怪しいなぁ・・・。ほんとは2人分なんじゃないのかな?2人とも同じものを頼んだんだと思われたんじゃないか?多分そうだ。1人分で5つなんてサービス良すぎだよ。でも2人分で5つというのも・・・ワケ分からん。T嬢と分けあって食べたよ。

キレイ
ロビーの天井も綺麗でしょ?
吹き抜けになっていて、
上から撮ってみましたの(^o^)。




若干の疑問というか不満は残るが、メロンは4分の1を食べやすいようにカットしてあって甘くておいしかったし、紅茶も香り豊かでおいしかったし、トーストのバターも大変おいしかったそうで、ペニンシュラという場所の付加価値もあり、大変に満足した。(西原理恵子だったらこうはいかないだろうな^o^;)

さ、ショッピングモードに突入よぉん♪戦闘体制よぉい!がんばるぞー(^0^)/!

香港の一覧に戻るよ〜ん 次に行くよ〜ん

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス