冬の香港で骨休め〜・・

2日目・中華なお買い物



ペニンシュラを出て、次は『裕華國貨』というデパートのようなお店に行った。ここは、地元の人にも観光客にも対応していて、食料品、おもちゃ、衣類、陶器、シルク製品、化粧品、アンティークなど、あらゆるものが置いてあるのだ。

衣料品のフロアは、普段着のTシャツやパジャマもあるけど、シルクのチャイナ服風のブラウスなど、思わず買って帰ろうかと思ってしまうものもたくさん。ダウンの入ったチャイナ服風ジャケットみたいなのもあって、ヨダレ出まくりであった(^◇^;)。

陶器のフロアには、おもしろいものがたくさんあった。

ステキ
見てるだけで幸せになりそうな
ステキな笑顔でしょ?

欲しかったんだけど大きいの。
お値段も結構立派。
家に置いておいたら
縁起よさそう!
かわいい


もももは、食器を買ったのだ(^-^)。

一応セット
ドンブリとお皿、レンゲ。
セットというわけではないけど
同じシリーズなのだ。景徳鎮よん♪
店員さんに勝手にセットにされ(^◇^;)
気に入ったので買った。


階段の近くに、ガラスケースに入ってちょっと高い置き物が売っていたのだが、思わず赤面してしまうものもあった。恥ずかしくてとても写真には撮れなかったんだけど(*^◇^*)、”浮世絵の春画を陶器で細部まで表現しました〜!がんばりました〜!”って感じの。写真載せたら絶対に捕まる(^◇^;)!

重い食器をぶら下げ、外に出た。お昼ご飯の時間をとっくに回ってしまった。なにを食べようかとその辺をウロウロしていたところ、食堂があった。お値段も安いし、表に出ているメニューを見たけど結構良さそうである。オジさんに手招きされて(^^;)入った。日本語表記もされていて、日本人観光客もわりとよく来るらしい。もももは”アヒルと鶏のラーメン”、T嬢は”シイタケのヤキソバ”をオーダー。

ラーメンの麺はビーフンのようで、スープは鶏のだしがきいていてとてもおいしい。アヒルと鶏、ダブルで鳥さんが乗っていて、かなり食べ応えがある量だ。T嬢のヤキソバは、大盛り硬ヤキソバの上に巨大シイタケごろごろの野菜あんかけ(オイスターソース味)がかかっているもの。目玉飛び出そうに量が多いのだが、おいしいのでペロリと平らげるT嬢であった(^-^)。



フェリーと地下鉄を乗り継ぎ、銅鑼灣(Causeway Bay)へ行く。なにが目的かというと・・・。『許留山』というお店で”亀ゼリー”を食べることなのよぉん(^0^)!楽しみにしてたのよねぇ!

小さいお店の中は、地元の人と観光客がこちゃまぜになっていて、やっとのことで空いている席に座ってメニューを眺める。曜日によって割り引きになるものがあるらしい。T嬢は割引になるフルーツのたっぷり入ったタピオカのようなものを、もももは割引にならない(T-T)亀ゼリー(38ドル)をオーダー。

亀ゼリーは、髪の毛が1本入っていた(^◇^;)。咄嗟に店員さんの顔を見たところ気づいてくれ、にまぁ(^-^)っと笑って、髪の毛を取り去った。香港である(^-^;)。亀ゼリーにはシロップをかけて食べるように言われたのだが、まずはなにもかけずにそのままの味を・・・・うっ(>_<)・・・・胃薬の味・・。

と、最初の一口は思ったのだが、そんなにイヤではないかも・・。漢方薬ゼリーというか胃薬ゼリーというか、要するに”健康に良さそうな味”である。でも苦い(^^;)・・・。T嬢の甘いのを一口もらう。残り半分はシロップをかけてなんとか食べきったのだが、これはツライわい。この半分の量でいいよ。あえてお土産に買っていこうとは思わない。嫌いではないけど、好きとも言えない。でもまた来たときには食べてもいいかな。いや、食べようと思う。

うーむ
右はT嬢の頼んだもの。
左はもももの亀ゼリー。
香港を味わったわ〜♪
この後まぁ胃の調子がよかったこと(^◇^;)


地下鉄に乗って、胃がスーッとして爽快な気分で(^◇^)ホテルまで戻ってきた。この後はビクトリアピークで夜景を見るのじゃ(^-^)。

香港の一覧に戻るよ〜ん 次に行くよ〜ん

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス