香港でお一人様(-"-;)

ホテルへ



なんだかんだで、16:50に離陸。ずっと気流が悪く、乗り物酔いしやすいもももはずっと気持ち悪かった。隣に座っているおっさんは、ビールをグビグビ飲んでいる。そりゃ私だってビール好きだけど、具合悪い横で飲まれると腹立つよね〜(^_^;)。

少し落ち着いたところで、出入国カードをもらって記入する。機内食はチャイニーズ・スタイルを選択した。

機内食
ご飯の横にあるのは酢豚のようだ。
まだ体調が戻らず、デザートの
ケーキを半分残してしまった。
えらいことである(^_^;)。
透明なプラスチックのナイフやフォーク
を、例によってがめるのであった。


一度トイレに立ったのだが、飛行機はしょっちゅう揺れていて、バランスボールに乗っているような気持ち悪さがずっと続いていた。



やっと香港に着陸した。夜で暗いとはいえ、昔のような、建物の上をかすめるようなスリリングな感覚はもう味わえないのね。で、日本人など東洋人は"せっかち"だと思う。着陸した瞬間に立ち上がり、我先にと飛行機を降りていく人が多い。かくいう自分も、誰を待つ必要もないので、さっさと下りてズンズン歩いていく。

人の流れに乗って、到着ロビーのA方向に出たのだが、荷物はB方向にあるターンテーブルから出てくるため、端から端までドタドタと走っていったところ・・・おっ!あの趣味の悪い色の荷物は・・・おぉぉっ!私のではないか(^◇^)!!!!チョ〜目立つ自分のスーツケースをターンテーブルからむんずと奪い取ったところ、そばにいた人が驚いていた。スーツケースは真っ赤。ベルトは黄色と紺のストライプ。趣味わり〜(^_^;)!でも、目立っていいので、皆さんにも、趣味悪い組み合わせをお勧めします。いろいろ試してみてください(^◇^;)←ばきっ!

B方向の出口からロビーに出て、HISのボールペンを持ってウロウロしていると、他のツアーのガイドさんに「エイチアイエス、アッチデスヨ」と声をかけられた。ガイドさんと会えて、椅子に座って待っているようにと言われた。一番乗りであった。

ロビー
前回、亀ゼリーを食べた『許留山』
が空港に出店している。
隣には日本のラーメンチェーン
があった。


同じボールペンを持った人が集まり始め、全員揃ったところでバスに乗った。皆、日本円を香港ドルに両替してもらう。1万円が625ドルであった。ベッドメイキングは5ドル、有人トイレは2ドルが大体の相場だそうだ。



で、夜景はきれいなんだが、例によって車酔いするもももであった(ToT)。密かに上を向いてハァハァと深呼吸をして、首周りを少しあけて、必死でこらえていた。今回泊まるのは、九竜にある『ランガムホテル』である。まず最初にランガムで降ろしてくれるのがヒジョーにありがたかった(T-T)。

ガイドさんと一緒にチェックイン手続きをしている最中、本当に耐え切れなくなってしまった。猛烈な吐き気に襲われ、ソファに沈み込み、死にそうになった。ガイドさんは、持病があるのかと本気で心配していたが、ただの車酔いと分かり、安心して車に戻っていった。日本語のできるスタッフがいるから、なにかあったら言うようにと教えてくれた。(そりゃガイドさんも自分の受け持った客が倒れたら大変であろう^o^;)部屋に入ったら、ガイドさんから電話があり、大丈夫か、と念をおされてしまった(^_^;)。

自分の三半規管の弱さがうらめしい・・・

ロビー
ちなみに、これがホテルのロビー。
左がフロント。
右奥はラウンジ。
右方向にロータリーがあり、そこから入ってきた。

香港の一覧に戻るよ〜ん 次に行くよ〜ん

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス