神戸でカネばらまく

1日目・ちょっとだけ異人館



さてさて、まだ時間はあるぞ〜!まだ元気だもんね(^o^)♪工房を出て、さらに坂を上るのであった。

東天閣
これは工房の近く、神戸北野ホテルの
斜向かいにある、”東天閣”という
北京料理レストラン。
旧ビショップ邸を改装したもの。
見ただけである(^◇^;)。


道の両側には、洒落た喫茶店や雑貨店が並んでいる。見て歩くだけでも楽しいかもしれないが、アンティークショップなど、入っていいものやら、営業しているのか休みなのかもよく分からない店も多かった。

さらに坂をズンズンガシガシと上っていくと・・・

シュウエケ邸
1896年(明治29年)建築の異人館。
”シュウエケ邸”というそうだ。
屋根にはシャチホコがある。
ゴシック調の建物で、庭園が和洋折衷で
美しいそうだ。500円。
現在も住居として使用されているそうだ。
見ただけである(^◇^;)。


さらに坂を上り(もう疲れた・・・)北野通りをふーふー言いながら歩いていると・・・喫茶店があるではないか(^◇^)?!飛び込んだ!!!

・・・そこには、ヒジョーにまったりとした光景が広がっていた。近所のおっちゃん達がテレビで夕方のワイドショーを見ながら「ひどい話や〜」とぼやいているではないか?!”ご近所さんのたまり場”にヨソモノが迷い込んでしまったのだ!・・・どーしましょ(^^;)・・・

アイスコーヒーとシフォンケーキを頼んだ。シフォンケーキはビックリするくらい美味しい♪シットリしていて、甘さも程よくて、歩いた疲れに心地よいわ〜(^o^)。ケーキセット700円であった。ママは「いかがでした?手作りです(^o^)」と、”趣味でやってます”光線をビンビン放っていた。「美味しかったです〜。・・・あの・・”うろこの家”はまだ遠いんですか?」と聞いてみたところ、おっちゃん達も混じって「坂上るよ」だの「その靴なら大丈夫」だのいろいろワーワー教えてくれた(^◇^;)。

この喫茶店は”ラ・メール”という名前で、ガイドブックには載っていないハズ。ちょうど疲れた頃に見つかるので、もし見つけたら入ってみてね。ケーキは美味しかったです♪



さらに歩き続け(もうイヤ・・)、”風見鶏の館”の案内が見えた。また坂を上るのだ。”うろこ”は諦めよう(T-T)。土産物が並ぶ坂道をひたすら上り、やっと着いた。

風見鶏の館
1909年(明治42年)建築の異人館。
北野を象徴するネオゴシック建築。
ドイツ人貿易商の住まいだったそうだ。
ドイツの伝統様式に加えて
アールヌーヴォーも混じっている。
風見鶏は魔よけの役割があるそうだ。
300円。今度はちゃんと入ったよん♪


山の上だけあり、ベランダからの景色がすばらしい(^-^)。でも・・・確かにキレイだけど、あまり感動がないのはナゼだろう?よく考えてみたら、異人館は長崎で”もうええっちゅうに”と言いたくなるくらい見たことがあるのよねぇ(-_-)・・・。新鮮味がないのだ。T嬢にも「横浜と似てるよ」と言われていたし、そういえばそうかもな〜(-.-)・・・。横浜も長崎も神戸も、”港町+貿易+外国人居留地+異人館+高台+中華街”だもんね。焦ってみて回ることもないや。2泊するんだし。のんびりいきましょ(^o^)♪

目の前には広場があり、ここではオブジェみたいなものも何体が建てられていて、記念撮影スポットである。驚いたのは、中国人の観光客が多かったこと。日本にも観光資源はたくさんあるのね。観光のためだけではなく、古くてよいものは残さないとね。。。

神戸の一覧に戻るよ〜ん 次に行くよ〜ん

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス