ベトナムでちょいと贅沢

なぜベトナムか?



おなじみのT嬢。今年の夏は・・・「バリ島へ行こう!」「おーっ(^0^)/」っということで、ゴールデンウィークはひたすらパンフレット集めに精を出した。サーファーの多い(らしい)、チャラチャラキャピキャピした場所ではなく、芸術に親しめるウブドゥのホテルに泊まりたかった。ピタマハとかね(^.^)。静かに、なにもしないで、のんびり、ぬぼ〜・・・っと過ごせそうだし。

理想ばっかり膨らんで、パンフレットを見ているうちに、まずはお値段にたじろいだ。そして、ダブルベッドしかなさそうなので、ヒジョーに迷ってきた(恥ずかしいぢゃない^.^*)。んでもって、現地で日本人女性が乱れに乱れている、という話を頻繁に聞き、こりゃ絶対に行ったら腹立つ光景に出くわすに決まってるわい、やめようやめよう!ということで、他のところに候補を絞ることになった(^◇^;)。・・・で、ベトナムよぉぉぉぉ(^0^)/~~



ベトナムといえば・・・どうも”ベトちゃんドクちゃん”、すなわちベトナム戦争のイメージが強く、近年は雑貨や料理の話題が多いけど、”行っちゃいけないところ”のように思えてならない。観光客がワイワイキャーキャー押しかけていいのかなぁ???でも行ってる人が多いし、テレビでもベトナム雑貨の特集やってるし、駐在している人から話を聞いた事があったけど「外貨を落としてあげてね」ということだったし、よっしゃ〜行ってみるべか(^-^)!

T嬢がいろいろ調べてくれた。前年の香港に続き、ホテルのランクを上げてのんびりする旅行が目的なので(といいつつ、のんびりできたことはないが^o^;)高級ホテルに泊まるツアーをピックアップ。”マジェスティックホテル”は小説の舞台にもなっているらしいので、そこにしようかとも思ったが、そのすぐ近くの”ルネッサンス・リバーサイドホテル”という近代的なホテルに決めた。サイゴン川の眺めが素晴らしい(うまいことリバーサイド側になれば)らしいので、そういうのも楽しみたいし。

で、国際開発という会社の、7月20日発『レインボーツアー ホーチミンフリープラン 午前発7日間』に決まった。本当は6日間なんだけど1泊は延泊なのよーん。お代は、ビザもあるので15万を越えてしまった。アジアでこのお値段は高いでしょう(^^;)。でも、”大人ののんびりくつろぎ旅”のためにはこのくらいの出費は覚悟せねば?!



早々とガイドブックなんか買ってきて、「むふふ(^.^)。アオザイ欲しいなぁ・・生春巻き食べたいなぁ・・かわいいバッグも買いたいなぁ・・陶器も欲しいなぁ・・むふふ(^.^)」とニヤニヤする毎日。こういう時期が一番楽しいのよね〜♪

母親に「いいでしょ。ベトナム行くんだ〜」と自慢したら、「ふぅん。アオザイ作っても着る機会ないね」と、釘をさされてしまった。ガーンっ(T0T)!そ・・そういえば・・誰かの結婚ぱーちーなんてのももうない(自分がしなけりゃダメじゃ^^;)し、そうだ・・タンスの肥やしになっているフォーマル服が何着あることか・・・。もう変色してるのもあるじょ。・・・はぁ・・・アオザイやめ(T-T)。

そうやって人を落ち込ませておいて、母は「きれいなバッグ買ってきて」だと。へいへい。分かりましたよ。「ベンタイン市場で1ドルのでいい?」と言ったら、それじゃヤダとおっしゃる。ふっ・・・。

ところで、ホーチミンは(特に)日本人を狙った”ひったくり”や、乗り物の料金トラブルも多いらしい。注意が必要だわ。ベストのような形の貴重品入れを買ってきた。パスポートや現金を絶えず持ち歩かなければならない場合はコレに入れて着ていよう。

あ〜楽しみだわん(^0^)♪

ベトナムの一覧に戻るよ〜ん 次に行くよ〜ん

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス