ベトナムでちょいと贅沢

3日目:買いました食いました♪



ホテルの朝ご飯。フォー(ベトナムの麺)があるのよぉ(^0^)!麺とあっさりした汁と香草が胃に心地よいのだ。でも、パンも食べれば果物も食べる我々であった(^◇^;)←ばきっ!

まずは、オプショナルツアーの申しこみに、近くの旅行会社『ベンタインツーリスト』へ行ってみる。「One day tour」という言葉で分かってくれた。パンフレットを見せてくれたのだが、めちゃめちゃ高い(T-T)!とても迷った末に、”メコン1日ツアー”だけ申しこんだ。2人で参加だと1人48ドルもするのよぉ(T0T)!いろいろ聞いていたのでは、シンカフェという会社で申しこめば10ドル足らずだと言うではないか?!日本語ツアーって高いのね・・・(-_-;)。



さて、今日は『トゥオンサー・タックス』(地図参照)というショッピングセンターへ行ってみる。庶民的なお土産がたくさんあるとのこと。クソ暑い中を歩いていくと・・・ガーン!閉まってるぅぅぅ(T0T)!!どうやら改装中らしい。そりゃないぜ。周りを見まわすと、そのちょっと先に『サイゴンセンタービル』(地図参照)という近代的なオフィスビルがある。行ってみると、2F、3Fにお店が入っていて、ちょっとしたデパートやスーパーマーケットがある。デパートで刺繍入りの巾着ポーチ2つをレジに持っていったら、もう1つ選べとおっしゃる。その英語はもうとんでもないもので、全然意味が通じないのだ。”3つ2ドル”ということを雰囲気で判断し(^◇^;)、買い物終了。安くてかわいいバッグや小物がたくさんあった。日本に持っていけば高く売れるだろうな〜。商売しようかしら?

そのお向かいあたりに、『バックダン』というアイスクリームやさんがあり、ここは是非行ってみてと言われていたので入ってみた。おじさんがとてもにこやか。ドルでの支払いOKなんだけど、計算に苦労していた(^-^;)。

アイス
kem syro(スペル自信ナシ)。13000ドン。
氷イチゴのシロップみたいなのが
かかったアイス。ライムを絞っても可。
わりとおいしかったよん(^o^)。
アイスのことをkemというらしい。

食べながら撮影。
食べている人目当ての
物売りがやってくる。
周辺


食べ終わって、T嬢お目当ての『セラドン・グリーン』という店に行ってみることにする。その途中で・・・

アオザイ
見て見て〜(^▽^*)。
アオザイ2人組〜♪
彼女たちを含めた景色を撮ろうと
したら、立ち止まってくれたの。
美しい〜(^◇^*)/。


『セラドン・グリーン』はドンコイ通りを横に入っていったところにあり、T嬢はお箸のセットを買っていた。他のお店も小さいけど素敵なものがたくさんあった。



ホテルへ戻り、着替えて出直し。遠出が面倒なので、午後は近場でお買い物。

お昼
その辺のカフェでツナサンドと
ベトナムコーヒー。
コーヒーは濃厚すぎて
好みが分かれると思う。


続いて、またちょこっと横道に入り『sapa(サパ)』という織物製品の店でお買い物。T嬢は素敵な民族衣装風のプルオーバーを、もももはバッグ(3ドル)を買った。多分フランス人だと思しき中年女性が、いろいろなものを当ててみては「これどうかしらぁ?」「これいいわぁ」と、ずぅぅぅぅぅぅっと悩んでいた。人が会計するたびに商品を見つめ、もももがバッグを選んだコーナーに行き「ねぇ?これが彼女が3ドルで買ったバッグ〜?」と聞いてきたので「yes(^-^)」と言ってみたら、ニコーッ(^-^)と微笑んで、また悩み始めた。目移りしまくりのあの女性、最終的になにを買ったんだろう?いっそ全部買っちまえ〜!と言いたかったよ(^◇^;)。

続いて、ドンコイ通りの終わりの『オーセンティック』という大きなお店に入った。ここは、お土産屋というかギフトショップのような感じで、陶器、お洋服、コースターなどが一通り揃っている。おかずを入れるのにちょうどいい蓋つきの器、赤絵の小物入れ、父親に湯のみを購入。11ドル。ココナッツで編んだ買い物カゴバッグに入れてくれる。

買い物
向かって左:sapa。
右:オーセンティック

3ドルのバッグ。
かわいいでしょ?
バッグ
器
耳付き器がいいでしょ?
赤絵も素敵(^o^)。


荷物が増えたのでホテルに戻り、2時間ほど昼寝(^◇^;)。体力をものすごく消耗した。面倒だったのでまた前日のレストランに夕飯を食べに行った。

えび
エビのフリッター。

炊きこみご飯みたいなの。
ご飯




胃が疲れ気味。食べ物はおいしいんだけど、慣れないものを食べつづけるのはちょっと疲れるかな?

ベトナムの一覧に戻るよ〜ん 次に行くよ〜ん

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス