ベトナムでちょいと贅沢

4日目:ミトー1日ツアーPart1



またまたホテルの朝ご飯でフォー(ベトナムの麺)やらパンやら果物やらを大量に摂取する我々であった(^◇^;)←ばきっ!

ホーチミンに来て初めての、旅行らしいことをする日。8:00にホテルにお迎えがあったのだが、こりゃ高いわけだ。普通の乗用車に運転手さん(男性)、ガイドさん(女性)、そして我々2人。いわゆる”専用車”なのであった。ゼイタクな観光である(^-^)。

車はホーチミンの中心地より中華街(ショロン、あるいはチョロンと呼ばれるあたり)を抜け、田園風景の広がる中を走っていく。緑の波のさざめく田んぼの真ん中に、カラフルできれいなお墓が見える。お墓は、人(家族)の集まるところ(だからここでは田んぼの中)に作られ、しかも1人1つなんだそうだ。「日本のお墓は先祖代々同じので、暗い色の石で作られ、薄暗くて人気のない怖いところにあることが多い」と言ったらビックリしていた。



2時間ほどでミトー(メコンデルタの玄関口)の船着き場にやってきた。ここでトイレに行く。現地のガイドさん(女性)と合流し、メコン川クルーズの始まり〜♪

船
こういうボートに乗る。
大体20人くらい乗れる大きさ。
川の水の色がすごいでしょ?
でもこの水のおかげで生活が潤う。

定期的に洪水があるそうだけど
おかげで肥沃な土壌が作られ、
作物が育ち、川では魚が獲れる。
沿岸の住民は船で物資を運搬する。
川




最初の『タイソン島』に上陸。ここは果樹園の島である。

川
手前の白い果肉はドラゴンフルーツ。
赤いのはパパイヤ。
丸いのは竜眼。
モンキーバナナ、パイナップルも。
真ん中にあるのは塩。日本の白い塩とは
違って、いろいろ入っている。
果物につけるとまた違った味わいが。

観光客向けに、地元住民の人たちが
楽器を演奏し歌を歌う。
子供も歌ってたのだが
写真を撮り損ねた(^^;)。
歌


お茶を飲み、果物を食べ(食べ放題)、果樹園に入っていく。

竜眼
竜眼はこうして実がなっている。
皮をむいて食べる。
種が大きく果肉は少ない。
ブドウやライチ系の味。

ドラゴンフルーツ。
サボテンの仲間らしい。
最近は日本の南国でも
栽培しているみたいね。
ドラゴンフルーツ
あつい
とにかく暑いの。
日焼けしないように
長袖羽織って着てきたんだけど
とても着てらんないわ。


肌を刺すような日差しの中を、大汗かきながら歩いた(でもガイドさんは平気^^;)。「ここでは果物はとり放題ですよ。」と言って、知らない果物をとってくれた。気候もいいし、こういう果物がいつでも食べられるなんて羨ましいなぁ。

ま、他に娯楽もなさそうだし、きっともももみたいなヤツには住めないところだろうなぁ(^◇^;)。

ベトナムの一覧に戻るよ〜ん 次に行くよ〜ん

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス