ベトナムでちょいと贅沢

さぁ帰国です



ホテルがギリギリまで使えるのは便利だ。シャワー浴びてサッパリ(^-^)!荷造りも完了〜♪

5Fラウンジでチェックアウトをし(日本人の男性がやってくれた)、荷物も預けて、夕飯を食べに行った。ホテルの隣のオフィスビルの一部がデパートになっているようで、そこへ行ってみたところ、上の階にフードコートがあった。

「ここでいいか。」と1歩足を踏み入れるやいなや、待ってました!といわんばかりに歓待された(^◇^;)。全然客がいないんだけど・・時間が早いからかな?飲み物にコーラ、それにフォーのチキンを頼んだ。日本人はチキンが好きだと思われているのか、「チキン?」と聞かれた。

卵もトッピングし、サービスなのかどうなのか、皿に山盛りの香草がドドンとテーブルに置かれた。

フォー
なかなかおいしかった。
香草は写ってないけど、
草食動物だわぁ〜と思うほど
大量だった。


窓からの夜景もきれいだし、まぁまぁの夕飯だったのではないか・・・と思ったんだけど・・・(T-T)・・・会計時に思いっきりボッタクリやがってあのクソババァo(`0´)○○○○○○○○!!!!!おっと、いけないわ。こんなお下品な言葉を使っちゃ(^.^*)。

どうしても納得できないのよぉ。2人で5ドルもするハズないもん。細かいのがないから5ドル渡したのに。トッピングと飲み物を入れても、2人で2ドルもありゃ余裕で足りたのよ。「サンキュー♪」と言ったきり、やり手オバチャンは二度と我々の元へは来なかった。やっぱりドンで払った方が明朗だわ。とんだチップだわ。最後にお勉強させてもらいました<(_ _)>・・・。



ホテルのロビーで迎えのガイドさんを待つ。ピアノとバイオリンの生演奏をしているすぐそばのソファーに座って、「遅いねぇ」とため息。同じ飛行機に乗るであろう日本人たちが次々とバスに乗りこんでいく。とっても不安〜(T0T)!忘れられているんじゃなかろうか?

T嬢が公衆電話から電話してみるが、うまく旅行会社に繋がらない。もももはフロントで「旅行会社からなにかメッセージが残っていないか」と聞いてみるけど、それもない。再びT嬢がフロントから旅行会社に電話を入れてもらう。がーんっ(T0T)!だれもいないらしい・・・・。集合時刻はとっくの昔に過ぎている。残っているのはワタシたちだけ〜・・・・・・やばい・・帰れない・・・こういう場合はどうすればいいんだろう?日本の旅行会社に連絡すべきか?あぁロビーの静けさが身にしみる〜(T0T)・・・・・

「オソクナリマシタ!スミマセーン!」と、大慌てでやってきた男性。んも〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!なんなのぉ〜〜〜〜〜〜〜?!アンタには時間の概念がないのかぁぁぁぁぁ!!!!という怒りを必死で抑えて「あぁもう忘れちゃったかと思った〜」とつぶやいてバスに乗りこんだ。(ふんっ!誰も聞いてなくてもいいもんっToT・・)

驚いたことに、もう2人客がいたのだ。若い女の子。ただただ、文句も言わず「ぼ〜っ」としていた。T嬢が呆れていた。「あの子たち、危機感がないね〜。ほんとに飛行機に乗れなかったらどうするんだろうね!」と。人がなんとかしてくれると思っているのだろうか?こういう時には自分で行動を起こさないとダメよ!・・と、飛行機に乗り遅れた前科のある2人は思うのであった(^◇^;)←ばきばきばきっ!

なんとか無事に空港に着き、チェックインも済ませ、ドンを始末すべくお買い物・・あらら?免税店にあるものは高くて買えないわ(^_^;)。ここで買い物しようと思わないことね。チョコ1個くらいしか買えなかった。



めでたく飛行機に乗れた(^0^)!もう安心〜・・のはずだったのに、もももは最後にとんでもない騒ぎを引き起こした。

ヤケを起こしたのか、スパークリングワインなんか飲んじゃったら、まぁ〜回る回る!吐き気がしてきた。必死にガマンしていたのだが、「きっ・・気持ち悪い・・・」とT嬢の腕をひっつかみ、客室乗務員がかけつけてきた。幸いにも空席があったのでT嬢が移動し、もももはずっと横になっていたけどなかなか気分がよくならなかった。ハイ、疲れているときに機内のアルコールはやめましょう!ほんとに反省してます(T-T)・・・・。

ただ、T嬢によると、機内で気分が悪くなった人は結構いたようだ。乗る前にすでにフラフラな人もいたし(この人は本当にヤバそうだった)あまりに気候が違いすぎるのも原因なのかな?

なにはともあれ、若干のハプニングはあったものの(どこが”若干”だ・・)今こうして旅行記を作っている。無事に帰ってきてよかったよかった(^-^)。めでたしめでたし。

ベトナムの一覧に戻るよ〜ん

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス