カナダ旅行記


帰るときのすったもんだ



いよいよ帰るのだ。帰りたくないよぉん(T-T)。お仕事いやだぁ(ToT)。

朝食をとり、チェックアウトしてホテル周辺を散策。ガイドさん(来たときと同じガイドさん)が迎えに来てくれ、車で空港へ。とりあえずストライキはまだらしい。(ほっとする反面、悲しいような・・・)

前夜の衝撃的な夕食の話をしたら、ガイドさんもそのお店は知っていて「あれは、ベニハナ(アメリカにある有名なパフォーマンスのレストランだそう)の真似をしてるんですよ」と教えてくれた。さすがガイドさん、知っていた(^_^;)。

空港に到着し、ガイドさんがチェックインをしてくれた。本当にラクチン(^-^)。ガイドさんいるといいわねぇぇぇ(^^*)。



ここで一つ問題が・・・・。飛行機に「メカニカルな問題」があり、フライトが大幅に遅れるのだそうだ。12:15発が17:10発になってしまった。お詫びのお食事券6ドルを支給された。

あのさぁぁぁ・・・遅れてもいいんだけど、その「メカニカルな問題」ってナニ?アンタんとこの飛行機大丈夫なの?もんのすごく不安なんですけどぉ・・・・(^^;)。

でさぁ、6ドルってナニ?6ドルでナニが食えるの?!カフェが精一杯だよ。搭乗まで4時間近く待つのよー!なにしてりゃいいのさぁぁぁぁ(T0T)!!!!



さすがにガイドさんにはどうすることもできず、一通りの説明を受けてお別れ。とりあえず、もももはメープルアイス(ちょっとはまってたのさ^^;)を調達。お姉さんが大サービスしてくれて、つぎ足しつぎ足しで、あれよあれよと言う間に1.5倍くらいの量をカップに入れてくれた(らっきー♪)。T嬢と一緒に、けだるくアイスを食べながら、ボーッと周りを見渡していた。

こんなに待つとは夢に思っていなかったので、T嬢は現金がほとんどなかった。空港使用税の15ドル以外は、ないに等しい状態で、いつものように現金を大量に余らせているもももが、1000円ほど両替してあげた(両替商ももも)。こうなりゃ買い物に走るしかない!



空港使用税を払い、出発ロビーへ。前日に買った免税品(HUGOというところの”WOMAN”という香水よん。全然知らないんだけどね^^;)を受け取り、現金を減らすため、免税店やら本屋やら、片っ端から巡回した。同じ店で2回も買ったり(^_^;)して、お菓子、サーモンジャーキー、絵葉書、スナック、メープルシュガー、ポケットティッシュ(^^;)などを買った。

免税店にコカニーの6缶セットがあって、とっても欲しかったのだが絶対に重いだろうと躊躇してしまい、買いそびれてしまった(日本ではどこに売ってるんだろう?見たことないんだよねぇ。買っておけばよかった!)。また、別の店でサーモンジャーキーを買ったときに、半端の9セントを払おうとしたら小銭が8セントしかなくて、仕方がないので大きいのを出したら、レジのお兄さんがおまけしてくれた。香港系の色白美少年であった(^-^)。うふ。

でもって、お昼はスターバックスでカフェラテとシナボンストローにトライ。6ドルにはならなかったけどね(^^;)。シナボンストローというのが日本では売っていない(?)らしいので2本買った。1本はその場で食べた。もう1本は帰ってから食べようと目論んでいたのだが、弟の口に入ることになるのであった(^^;)。

隅から隅まで歩き回り、疲れてしまった。T嬢と2人で椅子にボーッと座っていると、なにやら話し声が・・・。日本人のおじさん2人組みが世間話をしていたのだが、通訳が必要なくらい訛っていた(^◇^;)。んでもって、放置してある新聞(カナダの新聞)があって、ちょっと目を通してみたら、日本の某首相の記事であった。目に付く単語を見るだけでも悲観的な内容であることは一目瞭然。情けないねぇ・・・(T-T)。あとは、カルト宗教に連れ去られた男の子の記事(イギリス)。



いい加減ウンザリしてきた頃にようやく飛行機に乗れた。満席ではなかったのでトイレに立つのがラクであった。そうそう!トイレといえば!!!!突然こんなアナウンスが・・・・・・。

「先ほど、トイレでおタバコをお吸いになられたお客様がいらっしゃいます。トイレでの喫煙は、カナダの法律により禁止されております。ご遠慮くださいますよう、お願い致します。」

・・・・・誰だよぉ?!乗客は圧倒的に日本人だぜ。その数ヶ月後に、アメリカかどこかの飛行機で日経社員がタバコ吸って飛行機が引き返したんだよぉ。マナーは守って欲しいわねぇ。困ったもんだわい。そんなに吸いたきゃ喫煙可の飛行機に乗ればいいのに・・・。まぁ世界中の飛行機が禁煙の方向に向かってるから難しいんだろうけどね。確かに、タバコを吸う人にとっては、何時間も吸えないのはものすごい苦痛らしいのだが、こればかりはねぇ・・・・。

機内食は、チキンの照り焼きをチョイス。機内アナウンスで「Chicken Teriyaki Japanese Style」と言っていたが、食べてみると中華に近いような・・・。照り焼きのタレがちょっとピリカラ。お米は長粒米(好きだからいいけど)。行きよりはずっとよいお食事であった。

病気になることもなく、無事に帰ってこられてよかった。この2人が日程通りに帰ってきたのよ(ToT)。まぁいくつか”すったもんだ”があったけど、カナダはいいところだよ。特にバンフは、住みたくなってしまった。絶対にまた行こうと心に誓った次第である。<完>


カナダの一覧に戻るよ〜ん

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス