カナダ旅行記


バンフからバンクーバーへ



いよいよバンフとはお別れ、バンクーバーへの出発日である。もう4泊もしちゃたのね〜。つーことはあと2泊しかないのね〜ん(T-T)。つーことはまた仕事仕事の毎日が・・オーマイガァァァッ(T0T)!!!・・と悲観的になりつつ、慌しく朝食をとり、7:20にロビーに集合した。

昨日と同じくウエチさんが担当で、例によって数件のホテルを巡り、10名くらいで空港へ。ここから真っ直ぐ帰国する人と、バンクーバーへ行く人の両方のチェックインをガイドさんがしてくれる。なぁんてサービスいいのかしらぁ(^.^)ってツアーってそうだっけ?しばらくツアーからは遠ざかっていたので忘れていた。

カウンターの近くに行くと、なんだか人でごった返している。で、なかなか作業が進まない。客とガイドばっかりで職員が少ない。どうもカナディアン航空がストライキに突入するかしないかの瀬戸際であったらしいのだ。とてもヒマだったので、スーツケースを縦に置き、その上に座って待っていたところ、ヒジョーに珍しがられてしまった。スーツケースって椅子代わりにいいと思うのだが、こんな使い方をするのはもももだけだろうか???そんなことはないと思うけど。

散々待たされ、やっとチェックインできた。カンベンしてよー!ストライキなんてワタシたちが帰国してからにしておくれ〜(^_^;)。

ウエチさんが、帰国する人たちのチェックインをしている間に、ぶらぶらとお店を見て回り、もももは飛行機の模型(といってもすでに形になっている)を買った。カナディアンではなく、エアカナダである。メープル模様がついていてかわいいのだ。

ここで、もももはちょっとした騒動を引き起こした。航空券をどうしたのか忘れてしまったのだ。T嬢に預けてあるような気がしてそれを言ったら、「アタシは持ってないよ!さっき自分でしまったでしょう?!」と。「え?・・・えっ?えっ?え〜〜〜っ(@o@)?!」と焦りながらリュックの中を引っ掻き回したら、ちゃーんとあった。「怖いことしないでよー(T0T)!!!」とT嬢になじられるもももであった(^o^)\。

バンクーバーに行くのは、もももたちともう一組のご夫婦であった。自分たちよりもちょっと年上のようだ。別れ際にウエチさんに「お世話になりました」と言ってお菓子をあげていた。とてもスマートであった。もう少し年齢を重ねたら、きっとツアーを選ぶことが圧倒的に多くなると思うし、ガイドさんにはきちんとお礼をする(高価なものを渡すのではなくて)とお互いに気分がいいであろうことを学んだもももであった。



フライトは1時間30分足らずなので機内食はナシ。スナックでショートブレッドが出た。飲み物はなにがあるのか?とわざわざ質問してスッチーに全種類答えさせておき、頼んだのはオレンジジュースだった(^_^;)。T嬢に笑われてしまった。どーも自分が特異なキャラであるような気がしてきた。(今頃気づいたか・・・と言わないでおくれ・・・)

きれいっしょ? 窓から写真を撮った。
使い捨てカメラだったのに、よく撮れてるでしょ?
これはカナディアンの機体だけど
尾翼のメープル模様はエアカナダも同じ。
ちょっと分かりにくいかな?



カナダの一覧に戻るよ〜ん次に行くよ〜ん

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス