一生忘れぬ珍道中(^_^;)

ウィーン2日目 Part2



ちょこちょこと横道にそれながらケルントナー通りを歩いてみます(^-^)。ここは楽しげなお店がいっぱい!ウィンドーショッピングをしたり、おいしそうなチョコのお店を覗いたりして、国立オペラ座へ。

スタバ
今や世界中の都市に
あるのではないだろうか。
スターバックスである。
わざわざ写真に撮るほどのものでもないが。

オペラ座の裏手にあるのが、
有名な『ザッハー(Sacher)』。
ザッハトルテのお店ですね。
改装中で、足場が邪魔である。
後で入るのじゃ(^-^)。
ザッハー
オペラ座
これが国立オペラ座でございます。
小澤さんがここでタクトを・・・
一度でいいから死ぬ前にここでオペラを
楽しんでみたいものである(^◇^;)。
ギフトショップには楽しいものがたくさん!
CDや本だけでなく、音符や音楽記号をモチーフにした
スカーフやネクタイなど、いいお土産になる。
どの角度から撮ったらいいのか
散々迷った末の、この変な角度!
笑ってやってください(T-T)。




オペラ座正面を市電沿いに歩いていくと、”ゲーテ像”があるのだ。”王宮庭園”にやってきた。このあたりは、リンク内なのかリンク周辺なのか曖昧である。

ゲーテ
これがゲーテ像。
とってもいい目印になっている。
手持ちのガイドブックには、
特にコメントは載っていない。

その辺の入り口から庭園に入る。
多分この人はフランツ・ヨーゼフ1世。
台座の名前がそう読める(^◇^;)←ばきっ!
ハプスブルク家が贅を凝らして造らせた
緑あふれる広大な庭園。
多分フランツ・ヨーゼフ
モーツァルト
有名なのはこれ!
モーツァルト像。
ト音記号がインパクト強し!
記念撮影する人がたくさんいた。
芝生に乗る人がいたのが興ざめ(T-T)。
念のため、東洋人ではなかったよ。

これ、すごくなぁい?
(平板アクセントで読んじゃダメよ^-^;)
なんなんだかもう忘れちゃった。
建物
拡大
上部の拡大写真。
王宮庭園から見えるのだ。
王宮内の建物であることは
間違いない(^-^;)。
この字が読めればねぇ・・・

大事なところはきちんと隠す
チームワーク抜群のお子様たち。
T嬢と2人でウケてしまった。
彫刻


いよいよ、王宮の敷地に入る。次の文書へどうぞ♪

プラハ・ウィーンの一覧に戻るよ〜ん 次に行くよ〜ん

女の子お絵かき掲示板ナスカウィルダイレクトiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス無料の同人誌アップローダ