アメリカ西海岸旅行記

ディズニーランド



ホリデイ・イン・アナハイムに泊まったのだが、やっぱりいるのよねぇ、日本人のクソガキが。売店でミッキーマウスのTシャツを買ったときに、子供が2人くらい売店の中でふざけていて、「あのジャパニーズチルドレンを静かにさせてちょうだいな(T-T)」って頼まれたのだが、会計を済ませた頃にはもうガキどもはいなかった。まったく・・・親はどこかいな?自分たちが夢中になって遊びまわってるんだよね。



やっぱりこの場所は撮影ポイントだね(^-^)
1泊して朝、シャトルバスに乗ってディズニーランドへ。

浦安のディズニーランドにないものに乗ろう!ということで、最初に乗ったのは、イエローサブマリン♪であったが、これは全然面白くなかった。潜水艦に乗ってプールに潜って終わり、という感じだった。

園内を横断(縦断?)するロープウエイに乗って、次はモノレールのようなものに乗ったのだが、なぜかディズニーランドの敷地から出て行こうとする。「えっえっえっ?何コレ?出ちゃうの?」とみんなでオロオロしていたら、これはディズニーランドのオフィシャルホテルとの連絡バスのようなものであった。めでたく元の乗り場に帰って来たのだが、マヌケであった。係りの人も最初に言ってくれればいいのにぃ(^.^*)。

特筆すべきは、まだ日本にはなかったスプラッシュマウンテンに乗ったことであろう。こんなエキサイティングなものがあるのかぁ(@_@)!と感激した。



そして、ミッキー型の帽子を買った。

目隠しじゃなくてモザイクにすればよかった(^_^;)

この写真はちょっと不鮮明だけど、耳と目と鼻がちゃんとついているのだ。お昼を食べているときに子供がそばに来てジーーーーッと物欲しそうに見つめていた。

で、混んでいるとはいっても、2時間待ちなどということはなく、待っているのはあまり苦痛ではなかった。日本の方の混み方が異常なんだろうな。並んでいるときに、やたらベタベタしているアメリカ人と思しきカップル(同じ人たち)をよく見かけた。



夜になり、花火が上がった。見ていたら、向かいの方に日本人のギャルが3人くらいいるのが見えた。おぉ、やはりここには来るわいな、と思って見ていると、なんかヘンだ。浴衣を着ていたのだが、ミョーだなぁと思っていたら、「合わせが逆だよ、あの子たち」・・・・・

・・・はぁぁ恥ずかしい(^.^*)・・・いきがって浴衣なんか着て・・こっぱずかしー!お化粧もおそろいのパールピンクの口紅とアイシャドー。アメリカ人にナンパでもされようとしてるのかしら?うわぁぁぁはずかしー!もう見てらんない・・・と言いつつも、我々のビデオにはしっかりと納まっている彼女たちである、もち悪口つきで(^-^;)。

花火も佳境に入ったとき、後ろから「みえなぁぁぁぁい!」という声が・・・。チラッと振り返ると、ギャルが数人、もももたちの後ろで花火を見ようともがいていた。

背の高いSくんの真後ろで「この人がいるからみえなぁぁぁぁい(T0T)」とわめいていたが、Sくん、分かっていても動かない(^◇^)。いいぞーSくん!あぁいう、いかにもワガママそうな、世界は自分を中心に回っていると思っているようなヤツらにはこのくらいの仕打ちをしてもいいのだ。場所を譲ってやっても、絶対にお礼なんか言わないタイプだね。きっと帰りに「あの人むかつくぅ!」とか言っていたのかもしれないけど、別にいいもぉん(^_^;)。

次に行くよ〜ん

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス